予防歯科・歯周病治療┃船橋市 下総中山 土日も診療の歯医者 成瀬歯科クリニック

千葉県船橋市本中山3丁目11-19
石塚ビル2F

047-333-0764

ホーム > 診療内容 > 予防歯科・歯周病治療

予防歯科・歯周病治療

予防歯科

歯医者は歯や歯茎など口腔内に異常を感じたら行く所と思っていませんか?痛みやしみる、歯茎から血が出るといった何らかの症状が出てから歯科医を訪れると、削る・抜くといった治療が必要になってきます。
歯は一度削ってしまうと、健康な歯に比べてもろく再度虫歯になりやすくなってしまいます。
いつまでも自分の歯で食事し、会話を楽しむためには早いうちから予防をする必要があります。

より虫歯や歯周病になりにくい歯にするためには日頃の歯磨きだけではなく、定期的に歯医者に通い歯のお掃除をすることが大切です。

PMTCによる歯のお掃除

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略で、歯に付着している日々の歯磨きでも落とすことができないタバコのヤニや茶渋といった汚れや、バイオフィルムを歯科衛生士が専用の器具を使い、しっかり落とす治療のことです。

PMTCの必要性

毎日しっかりと歯磨きをしていても歯と歯の隙間や、歯と歯茎の隙間、またブラッシングの癖などで磨き残し部分ができてしまうことがあります。磨き残しがあると、磨き残しをエサに細菌が繁殖し歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜を張り、内部で菌を増殖させていきます。バイオフィルムが形成されてしまうと、日頃のブラッシングでは除去がしにくくなってしまいます。この菌が増殖することで虫歯や歯周病になってしまいます。定期的にPMTCを行うことで磨き残しやバイオフィルムといった虫歯や歯周病の原因となるものを除去することができます。

PMTCの流れ

  1. 1.プラーク(歯垢)の染め出し染め出し液を歯全体にまんべんなく塗っていきます。
    染め出し液によって磨き残しやプラーク(歯垢)や歯石が溜まっている所が赤く染まっていきます。
    多くある箇所は、より鮮明なピンク色になります。
    患者さまも確認していただけるので自分のブラッシングの癖を確認することができます。
  2. 2.ブラッシング染め出した後、歯科衛生士がブラッシングを行います。
    ブラシングでも取れないバイオフィルムなどは特殊な機械と薬剤によって除去していきます。
  3. 3.バイオフィルムの除去専用の器具を使用しバイオフィルムを完全に除去していきます。
    その後、機械やフロスを使用して表面や歯と歯の間を磨いていきます。
  4. 4.フッ素塗布歯全体の清掃が終わったら、全体にフッ素を塗布していきます。
    フッ素を塗布することで虫歯になりにくくすることが可能となります(絶対ならないというわけではありません)

PMTCは患者さまの歯の状態などによっても異なりますが、所要時間は30分から1時間程度となります。
しっかりと歯の健康を維持したい方は、歯の定期検診を受ける際に受診することをおすすめします。

歯周病

歯を失う原因ランキングで虫歯を抜いて1位になった歯周病。隠れ歯周病も含めると30代以上の方では8割以上の方が歯周病にかかっているとされています。
歯周病は虫歯のように痛さやしみるといった症状が現れないので、歯茎からの出血や歯がぐらつくといった症状で異変に気づき、歯科医で歯周病と診断されたときには、かなり進行しているといえます。
痛みがないからと放置していると最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。
近年では歯周病は歯だけの病気ではなく、心疾患や糖尿病といった全身の病気に影響があることが研究の結果で分かってきています。

歯周病のメカニズム

歯の根元に付着した歯垢(プラーク)の中にある細菌の1つ「歯周病菌」がバイオフィルムと呼ばれる強固な膜でくっつき増殖していきます。歯周病菌はバイオフィルムの中で強力な毒素を出し、歯肉や歯肉と歯の表面をつなげる歯根膜、歯茎の中を支える歯槽骨といった大事な組織を破壊してしまいます。
 

生活習慣が原因になってしまうことも

歯周病の原因はプラークだけでなく食習慣や喫煙、不規則な生活も原因と言われています。せっかく歯医者に行って歯周病の治療を行っても、こういったことが改善されなければ歯周病が再発する可能性が高くなります。

治療法

歯磨き

歯周病の原因となるプラークが溜まってしまうのは磨き残しがあるからです。磨き残しは、正しく歯磨きを行えていないことで発生します。正しい歯磨きの方法を身に付け習慣化することで、プラークを溜めない・増やさないことが可能です。

スケーリング

スケーラーと呼ばれる器具を使用し、歯の表面に付着したプラークや歯石といったブラッシングでも落ちない汚れを徹底除去します。除去していくことで、それ以上の歯周病の進行を抑えます。

歯周外科治療(フラップ手術)

ブラッシングでもスケーリングでも改善が見られない場合、外科的治療が必要となります。局部麻酔を行った上で歯肉を切開することで、歯の根元に付着した歯垢や感染歯質を目で確認することができるので、徹底的に除去することができます。

歯周病は痛みもしみることもなく静かに進行する病気ですが、日々正しいブラッシングを続けることで防ぐことができます。
また、一度歯周病が治ったからと安心するのではなく、正しいブラッシングと定期的に歯科検診を受診することが歯周病対策となります。万が一、歯周病が見つかっても初期の段階であればブラッシングやスケーリングだけで治療を終えることができます。

早期発見のためにも歯磨きを行う際には、鏡で口の中をチェックする習慣をつけるようにしましょう。歯茎が赤く腫れている・歯が伸びた気がする、ブラッシングすると歯茎から血が出るといったことがあると歯周病の可能性があります。また、しっかりブラッシングしていても口臭を周囲に指摘された経験があれば、歯周病が進行している可能性がありますので、早めに歯医者を受診することをおすすめします。

ページの先頭へ戻る