入れ歯┃船橋市 下総中山 土日も診療の歯医者 成瀬歯科クリニック

千葉県船橋市本中山3丁目11-19
石塚ビル2F

047-333-0764

ホーム > 診療内容 > 入れ歯

入れ歯

入れ歯

抜けても生え変わるサメの歯とは違い、人間は永久歯が抜けてしまうと次の歯が生えてくることはありません。歯が抜けたことにより飲食がしづらくなり、話しづらくもなってしまいます。失った歯を補うためにあるのが、「部分入れ歯」と「総入れ歯」です。残っている歯によって、どちらにするか変わってきます。

総入れ歯

自分の歯をすべて失った方に行われる治療法です。失った歯の代わりになる人工歯と粘膜の上に載る歯茎の色と似た床(しょう)から構成されています。粘膜の吸着力によって総入れ歯を維持させます。
保険適用外の総入れ歯は患者さまのお悩みに合わせた素材を使用して入れ歯をつくります。

部分入れ歯

総入れ歯とは異なり、自分の歯が残っている場合に行う治療法です。人工歯と床に加え、歯に入れ歯を固定する留め具(クラスプ)から構成されています。部分入れ歯でも保険適用と自費診療があり、保険適用に比べ自費診療は高くなってしまいます。

保険適用と保険適用外

保険適用の入れ歯は安く仕上げることができる一方で、入れ歯に使える材料が限られてしまいます。
一方の保険適用外の入れ歯は、患者さまのご要望に合わせた素材を使用してつくることができますが保険適用外診療となるため、治療費が高くなってしまいます。

保険適用の入れ歯(レジン床義歯)

保険適用の入れ歯で使用できる素材や構造は保険制度によって決まっています。プラスチック(レジン)でつくられた床の上に人工歯が乗っています。プラスチックでできているので厚みがあり、食べ物の温度を感じにくく口の中に違和感がありますが、自費診療とは違い非常に安く仕上げることができます。

メリット

保険適用内の素材を使用するので費用が安い

デメリット

食べ物の温度が分かりにくい
床に厚みがあり違和感がある
クラスプが金属なので口を開けると見えてしまい目立ってしまう

保険適用外(自費診療)の入れ歯
強度・入れ歯だと気付かれたくない・金属アレルギーなど、入れ歯に関する悩みはさまざま。そういった患者さまのお悩みに応える形で作成した入れ歯が保険適用外(自費診療)の入れ歯となります。
しかし、保険適用外の素材を使用するので高額治療費になるだけではなく、材料費が歯医者によって異なる場合があります。

メリット

装着した際の違和感を減少することが可能
どういう入れ歯にしたいかによって、素材を選ぶことが可能
留め具などを目立ちにくい入れ歯を作ることができる

デメリット

保険適用外なので、治療医全額自己負担

保険適用外の入れ歯の種類【一部】

金属床義歯

保険適用の入れ歯ではレジンだった床が金属になった入れ歯です。レジンよりも丈夫な入れ歯で薄くできているので、食べ物の温度が伝わりやすくなっています。

ノンクラスプデンチャー

金属を一切使用していない入れ歯です。金属を一切使用していないので金属アレルギーがある方も安心して使用できます。見た目にも入れ歯をしていると周囲に気付かれにくい入れ歯です。

マグネットデンチャー

残っている歯と装着する入れ歯に特殊な磁石を埋め込み、その磁石によって入れ歯を固定します。歯の根っこが残っていればマグネットデンチャーは可能です。

病気を防ぐためにも入れ歯は清潔に

口腔内の細菌は口の中だけではなく肺炎の原因にもなると言われています。保険適用・適用外の入れ歯に関係なく、毎日寝る前に洗浄剤を溶かした液体に入れ歯を漬け、入れ歯を清潔に保ちましょう。くれぐれも普通の歯磨き粉で磨くのはやめましょう。歯磨き粉に含まれる研磨剤によって歯の表面が削れていってしまいます。

入れ歯がフィットしなくなってきたら、歯医者へ

入れ歯は使用していくうちに合わなくなってくることがあります。合わないまま使用していると痛みが出てくることがあります。定期的に受診し調整することで長期間使用できる入れ歯にしましょう。

入れ歯が合わない・入れ歯を調整してほしい・自分の口には保険適用と適用外、どちらが合うのか知りたいなど、入れ歯に関するお悩みがありましたら、お気軽に成瀬歯科までご相談ください。

ページの先頭へ戻る