審美歯科・ホワイトニング┃船橋市 下総中山 土日も診療の歯医者 成瀬歯科クリニック

千葉県船橋市本中山3丁目11-19
石塚ビル2F

047-333-0764

ホーム > 診療内容 > 審美歯科・ホワイトニング

審美歯科・ホワイトニング

審美歯科

虫歯などの治療で削った歯をセラミックで補う治療です(補綴治療)銀歯とは異なり、保険適用外となりますので治療費は高めとなりますが、天然歯と遜色ない白さにすることが可能です。
近年では、以前治療した銀歯の詰め物をセラミックに取り替える患者さまが増えており、特に女性の場合は人と話すときに虫歯の治療痕である銀歯が相手に見えてしまうことに抵抗があり、恥ずかしいと感じてしまうようです。
そういったお悩みも、セラミックであれば解決することが可能です。話すときに手で口元を覆ってしまう、あまり口の中が見えないように口を開けないように話をするなど、審美についてお悩みの方は一度、ご相談ください。

セラミックの種類

ハイブリッドセラミック

セラミックに保険適用のプラスチックの成分が含まれている材料です。変色しにくいものの、セラミックのみの素材と比べるとやや見劣りしてしまいますので、前歯には適していません。

メタルボンドセラミック

金属フレームの上にセラミックを盛り、焼き付けたものです。完全なセラミックを盛っているので変色することなく透明性に優れています。

オールセラミック

すべてセラミックでできているので、どのセラミックよりも審美的回復が可能です。透明性に優れているので前歯の審美的回復にも適しています。強度に優れていますがオールセラミックなので、他の素材が含まれた材料に比べると高めになってしまいます。

ジルコニアオールセラミック

芯材にジルコニアを使用したセラミック歯です。オールセラミックよりも強度に優れているので奥歯などに適しています。どのセラミックよりも費用が高くなります。

詰め物・被せ物

セラミックインレー

保険適用で詰め物をする場合、詰め物として使用するのは銀の詰め物(インレー)のみですが小さい虫歯の場合、セラミックを使用することができます。セラミックは変色しにくいだけでなく、丈夫で耐久性にも優れています。
セラミッククラウンの種類には、
ハイブリッドセラミック・メタルボンドセラミック・オールセラミック・ジルコニアオールセラミックがあります。

セラミッククラウン

虫歯などで歯を大きく削った場合に、歯全体にかぶせるものを被せ物(クラウン)といいます。保険適用であればプラスチック素材を使用しますが、審美性や耐久面から長期使用には適していません。
セラミックであれば、天然歯に近い美しさに仕上げることができるので被せ物をしていることを周囲に気付かれることはありません。
セラミッククラウンの種類には、
ハイブリッドセラミック・メタルボンドセラミック・オールセラミック・ジルコニアオールセラミックがあります。

治療した歯が虫歯に!?

銀歯の詰め物・被せ物をした歯に用いられるセメントは、時間経過とともに溶け出してしまいます。すると、銀歯と歯の隙間が出来てしまい、そこから菌が侵入し虫歯になるケースがあります。そこで虫歯になってしまうと、最初よりも大きく歯を削らなくてはいけなくなってしまい、最悪の場合神経を取る必要があります。

セラミックで虫歯再発を防ぐ

虫歯治療で使用する銀歯をセラミックにすることで、虫歯の再発を最小限に防ぐことが可能です。セラミックに使用する接着方法は科学的結合で強固に接着するので銀歯のように隙間ができにくくなっています。

セラミックは審美的に優れているだけではなく、歯の健康を守る素材としても優れています。

ホワイトニング

白く美しい歯は誰もが憧れるものです。しかし加齢や食生活、タバコやコーヒーなどの摂取によって白い歯は次第に黄ばんできてしまいます。
そこで行われる治療が「ホワイトニング」です。「クリーニングと何が違うのか」と思われる方がいらっしゃいますが、クリーニングは歯の表面の汚れを落とすだけなので、歯本来の白さにすることはできません。ホワイトニングは専用の薬剤を使用し、薬剤に含まれる成分を歯の内部に浸透させ、着色成分を分解・漂白するので歯本来の白さにすることができます。

ホワイトニングには歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」がありますが、成瀬歯科医院ではホームホワイトニングを行っています。

ホームホワイトニングとは

作製した自分専用のマウスピースにホワイトニングの薬剤を注入し、1日の中で好きな時間に装着することを一定期間行うことで歯を白くすることができます。
自分の好きな時間に行うことができ、好きな白さに調整することも可能です。

ホワイトニングの流れ

  1. 1患者さまの普段の食生活やブラッシングについてお伺いします。ご希望の白さがあればお教えください。
  2. 2患者さまの歯がホワイトニング可能な状態か、検査を行います。
    以下の項目に該当される方は、ホワイトニングが出来ない場合がございますので、事前に担当医にお知らせください。

    • 象牙質に亀裂のある歯・象牙質が露出している歯
    • 重度の歯周病・歯肉炎の方
    • 妊娠中・授乳中の方
    • 知覚過敏の症状がひどい方
    • 無カタラーゼ症の方(ホワイトニングには過酸化水素を使用するので大変危険です)
    • エナメル質・象牙形成不全症の方
  3. 3歯のクリーニング
    薬剤をより浸透しやすくさせるために、あらかじめ歯石の除去・表面の着色を軽く落とします。
  4. 4歯の型取り
    ホームホワイトニング専用のマウスピーストレーを作製するために歯の型取りを行います。
  5. 5マウストレーの確認と説明
    完成したマウスピーストレーの試着をしていただき、フィットしているか確認してもらいます。ご自身に合っていることが確認できましたら、担当医師より使用方法の説明をいたします。
  6. 6ホワイトニングジェルの注入
    マウスピーストレーに専用ホワイトニングジェルを注入します。
  7. 7マウストレー装着する
    ホワイトニングジェルを注入したマウストレーを装着します。1日数時間装着してもらい終わったら口をすすぎブラッシングをしてください。
    これを繰り返し行うことで個人差はあるものの2週間程度で白さを実感することができます。
  8. 8メンテナンス
    白い歯を維持するためには、色素の再沈着を防ぐことが重要となるのでメンテナンスは必要不可欠です。正しいブラッシング・定期的なクリーニングなどを行います。
    また、ホワイトニングは歯の白さを永遠に持続するものではありません。長期的に歯の白さを持続させたい場合は、半年に一度のタッチアップ(再ホワイトニング)が必要です。

ページの先頭へ戻る